【京大病院にて新型コロナウイルス感染症対策のクラウドファンディング開始】

京都大学医学部附属病院において「新型コロナウイルス感染症重傷者受け入れ」に伴い、
国の補助では賄えない不足する感染防止対策のための“陰圧室化工事”費用に対して寄附を集めるため、
緊急的にクラウドファンディングで協力をお願いしています。

京大病院だからこそ救える命もあります。第二波、第三波がきたとしても、今後も継続して長期的に
「高度先端医療・救急医療」を支える為には、工事とそれを実施するためのご寄附が必要不可欠です。

院内感染を防ぎ、新型コロナウイルス感染症の患者さんと、京大病院での高度先端医療を必要とする患者さん、
そして医療従事者・関係者を守れる可能性が一層高まります。どうかご支援や、周りへの情報拡散でのお力添え
いただきますよう、よろしくお願いいたします。

詳細は、https://readyfor.jp/projects/kuhp-kyoto-u-pj1 (READYFORサイト)をご覧ください。