八木真太郎助教がThe 13th Congress of International Society for Experimental Microsurgery (ISEM)のAwardを受賞しました

2016年8月25日から28日に中国天津市で開催されましたThe 13th Congress of International Society for Experimental Microsurgery (ISEM)におきまして、八木真太郎(助教)がMicrosurgical Technology Innovation Award を受賞しました。

演題名は“Educational Hands-on Seminar for Microsurgical Training by ISEM West Japan”です。われわれが行っている若手外科医(肝胆膵外科医・移植外科医)を対象としたISEM西日本の臨床・実験の双方を指南したマイクロサージャリーのハンズオンセミナーの活動について報告し、高い評価をいただきました。

マイクロの技術を学び習得することは、若い外科医にとって必ずプラスになり、その高い技術の習得により、助かる患者さんも増えると信じております。今後もISEM西日本の活動を通じて、少しでも貢献できるように努力したいと存じます。この場をお借りしまして、ご指導頂きました慶應義塾大学の小林英司教授ならびに京大肝胆膵・移植外科の皆様に厚くお礼申し上げます。

IMG_4718P_20160827_215735