大学院 佐藤朝日先生の論文がLiver Transplantationに掲載されました

佐藤朝日先生LT論文多剤耐性緑膿菌の発生を契機に、肝移植の予後改善における最大の難敵である感染に対する対策を検討し、サルコペニアを考慮に入れた移植適応の吟味と接触予防策、診断におけるプロカルシトニンの導入といったスタンダードな対策を組み合わせることで、耐性菌感染症や移植後の著明な予後改善を達成し得えた事を報告いたしました。