大学院について

肝胆膵・移植外科学


 

uemoto3当科は肝臓、胆道、膵臓の悪性および良性疾患を対象として、外科手術と抗癌剤や放射線治療を組み合わせた癌の集学的治療を行っています。治療の難しい進行癌に対しても、これまでに培った卓越した手術手技を生かし、また研究成果に裏打ちされた基盤の上に手術適応の拡大に取り組んでいます。

一方、胆石症などの良性疾患のみならず肝細胞癌などの悪性腫瘍にも腹腔鏡手術を積極的に導入し、体にやさしい外科治療をめざしています。また、当科の特徴は末期肝疾患や肝臓癌に対しての肝移植治療であり、肝移植の分野では一貫して国内外のリーダーとして取り組み、大きな成果を上げています。臨床へのフィードバックを念頭においた研究と手術修練における切磋琢磨により、あすの外科をリードする外科医を育成することを目指しています。

研究・教育について


pic1

当科では、肝胆膵領域のoncologyと再生・移植医療の分野において、多様な専門家の指導のもとに、日常的にtranslational researchを実践しています。

肝胆道外科では、肝癌に対する分子標的治療の開発や化学療法性肝障害の機序と対策など臨床応用に向けた研究や肝硬変や肝移植後に伴う肝線維化の機序に関する研究を行っています。

再生・幹細胞研究では、肝疾患領域での再生医療実現を目指して、ES細胞、iPS細胞、肝幹細胞、肝前駆細胞を利用した分化誘導や細胞移植研究を推進しています。

臨床へのフィードバックを念頭においた研究と手術修練における切磋琢磨により、あすの外科をリードする外科医を育成することを目指しています。

一方、肝癌・膵癌における癌幹細胞の同定や特性解析研究を進めています。

pic2 (1)

膵臓外科では、膵癌の治療成績改善を目指して、膵癌の前駆病変であるPanIN(膵管内腫瘍性病変)とIPMN(膵管内乳頭粘液性腫瘍)に関する国際共同研究を進めています。

また、膵臓の発生機序において、Ptf1a発現量が膵・胆管・十二指腸の運命決定を担う重要な遺伝子であることを報告してきましたが、さらに,膵管上皮細胞のmaintenance機序を究明し、膵発生のみならず膵癌研究にbreakthroughをもたらすことを目指しています。

膵島移植では臨床での実践と膵島分離、保存および移植法の開発を行っています。

移植外科では、世界的に深刻なドナー不足を解決すべく、異種動物の肝構築をscaffoldとして肝細胞をhumanのものに置換する“キメラ肝臓”の開発や、種々の肝障害抑制や肝再生促進効果を有する間葉系幹細胞移植の臨床応用、さらには周術期門脈圧制御戦略の構築、制御性 T-cellを用いた免疫寛容機序解明、新たなる肝灌流保存法の開発とNOやCO等Gas Biologyの臓器保存への応用等研究内容は多岐に渡ります。

大学院生には、研究ばかりでなく、臨床の現場での先端医療の習得や、海外留学も積極的に支援し、終了後の教育・研究職や臨床の第一線で活躍をめざします。

pic3pic4pic5