後期研修内容について

概要


 

京都大学外科を中心に、京都大学外科後期研修関連施設、京都大学大学院が連携し、オールラウンドな消化器外科医および小児外科医の育成をめざします。

1年間の京都大学外科および2年間の関連病院での計3年間の研修から構成されます。

後期研修終了後は、大学院への進学(学位取得)、大学病院や関連施設での診療などのキャリアパスを準備し、さらなる向上をめざします。

また、この間に、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本小児外科学会などの専門医取得のために必要な症例を経験します。

大学病院


外科診療の基礎を習得し、専門医の指導による先進医療を経験する。肝胆膵・移植外科、小児外科における最前線の高度診療を実践し、消化器外科医および小児外科医としての基礎を研修します

各診療部門の特徴

肝胆膵・移植外科

当科は移植分野において国内外の生体肝移植をリードし、肝胆膵外科領域においても、一般病院では手術が困難な、血行再建を必要とするような高度進行癌を含め手術症例数も国内トップレベルです。肝胆膵・移植外科治療の限界症例において、外科医としての基本的な知識および手技を修練しながら、検査、診断、手術、合併症発生時の対処などの周術期管理を経験することを目標とします。

career

 

小児外科

肝移植症例、NICUや小児科との連携により、呼吸,消化器領域の先天性疾患や固形腫瘍症例を多数経験します。また、鼠径ヘルニアなど、低侵襲手術に対しては、day surgery unitを利用した手術症例を経験します。

career2

 

チーム医療

外科診療は数人からなるチームから構成され、チーム内外でのディスカッションを重ねて治療方針を決定します。また、内科、放射線科、化学療法部、がん診療部門、病理診断部など、他の診療部門の専門医とのカンファレンスを通して、検査、診断だけでなく化学療法、IVRから緩和ケアまで、最先端の知識を得ることが可能です。

 

新たな標準治療の開拓

当科では、豊富な症例を臨床的、科学的に解析し、理論的根拠に基づいた新たな標準治療の開拓を目指しています。研修期間中も外科診療における科学的根拠に基づいた診療方針の決定を学びます。

 

専門医のための必要症例の経験

外科専門医として必要な、消化器一般、小児、乳腺、呼吸器、心臓血管領域の症例を経験します。さらに、高度な消化器外科研修として、消化管、肝胆膵・移植外科領域の高難易度手術症例を経験します。

 

主要手術症例実績


 

各診療部門における手術件数(2013年度)

肝胆膵・移植外科

領域

疾患

手術症例数

(腹腔鏡手術)

肝臓

肝細胞癌、転移性肝癌、肝内胆管癌など

122 (31)
胆道

肝門部胆管癌、胆嚢癌、胆管癌、胆石症など

77 (53)
膵臓

膵癌、膵管内乳頭粘液腫瘍、膵内分泌腫瘍など

68 (9)
肝移植レシピエント

肝硬変、肝細胞癌、PBC、劇症肝炎など

35 0
肝移植ドナー

ドナー

43 (21)
その他

 

67 (10)

 

412 (124)

 

腹腔鏡手術を積極的に行っています。

 

小児外科

部門

領域

件数

(新生児症例)

中央手術室

生体部分肝移植術

13

脳死部分肝移植術

1

肝移植術後再開腹術

3

胆道閉鎖症根治術

1

悪性腫瘍切除術(生検含む)

8

横隔膜修復術

2 (1)

食道閉鎖症手術

2 (2)

十二指腸閉鎖症手術

1 (1)

小腸閉鎖症手術

1 (1)

鎖肛手術

4 (1)

肥厚性幽門狭窄症手術

1

腹腔鏡下噴門形成術

1

腹腔鏡下脾臓摘出術

1

腹腔鏡下胆嚢摘出術

1

腹腔鏡下虫垂切除術

1

胃瘻造設術

2 (1)

気管切開術

4 (1)

人工肛門造設術

3 (1)

人工肛門閉鎖術

5

イレウス解除術

1

その他

7 (1)

63 (10)

鼠径ヘルニア根治術

15

臍ヘルニア根治術

4

精巣固定術

2

その他

10

 

 

関連施設(京都大学外科交流センター会員施設)

一般外科として、必要な検査、診断、処置、手術を主治医として担当します。診断、手術適応の判断、手術手技、周術期管理および合併症発生時の対処など、症例に応じ判断し、術者として自立した外科医を目指します。また、関連施設で研修することで、地域の中での外科医としての役割、責任を学びます。この間に外科専門医、消化器外科専門医に必要な症例と知識を取得します。

小児外科志望の場合は、小児外科診療を行っている施設を選択し、消化器外科と小児外科の診療経験を積みながら、外科専門医、小児外科専門医に必要な症例を経験します。

後期研修終了後

消化器外科専門医、あるいは小児外科専門医としてのさらなる知識、技術の向上のため、大学院への進学(学位取得)、海外留学、京都大学外科交流センターの関連施設勤務などのキャリアパスを準備し、臨床、研究面でのエキスパートを応援します。

お問い合わせ先

肝胆膵・移植外科/小児外科
上本 伸二 教授室
TEL: 075-751-3651
FAX: 075-751-3106
肝胆膵・移植外科 担当:八木真太郎 shintaro@kuhp.kyoto-u.ac.jp
小児外科 担当:岡島英明 ho1962@kuhp.kyoto-u.ac.jp