教室案内

【教授挨拶】

uemoto

2006年4月から、京都大学医学研究科外科学講座は消化管外科学分野、肝胆膵・移植外科学分野、乳腺外科学分野の三つの外科学分野に再編され、私は肝胆膵・移植外科学分野を担当しています。

また外科学講座再編に伴い、京都大学医学部附属病院の外科関連診療科は消化管外科、肝胆膵・移植外科、乳腺外科、および小児外科の四つの診療科に再編され、小児外科も私が診療科長を兼任しています。

私の専門分野は肝移植と小児外科ですが、その他にも小腸移植と肝胆道外科に取り組んできました。

肝胆膵・移植外科の診療内容は肝胆膵外科と移植医療に分けてご理解ください。

 

【国際的な診療拠点として】

肝胆膵外科では肝臓、胆道、膵臓の悪性腫瘍に対する外科治療が主流となりますが、京都大学での肝胆膵外科の 特徴は肝細胞癌と膵臓癌に対する拡大手術、および集学的治療をあげることができます。

また、膵・十二指腸領域の内分泌腫瘍の診断と治療における先駆的な取り組みも国際的に評価されています。移植医療においては肝移植が有名であり、生体肝移植は国際的な診療拠点となっています。 また、最近で難治性の糖尿病の治療として膵島移植に積極的に取り組んでおり、この分野でもわが国のリーダーシップをとっています。

研究分野では、これまでに私は肝移植臨床における免疫抑制療法、新しい手術手技の開発、移植免疫寛容に関する研究を、また肝再生に関する研究を続けてきました。さらに肝胆膵・移植外科では肝細胞の分化と再生に関する研究、肝胆膵領域悪性腫瘍に対するオンコロジー、膵発生に関する研究、膵島分離・保存、膵島細胞再生に関する研究など、幅広い研究を展開しています。

 

【”考える外科医”、”切れる外科医”を目指す】

教育においては、消化管外科と協力して消化器外科医の育成に情熱を持って取り組んでいます。自分で判断できる“考える外科医”、 自分で手術を取り仕切ることができる“切れる外科医”を目指して、 肝切除や膵切除が安全に遂行できるような指導体制を敷いています。さらに、肝移植でのトレーニングを積むことによって種々の血管吻合手技を獲得することが可能となりますので、このことは肝胆膵外科の領域を広げる大きな財産になると考えております。

臨床研修に、また大学院生としての研究に、全国からの多くの若手外科医の応募を待っております。

 

【上本伸二教授 職歴・経歴】

1981年 6月 京都大学医学部外科学教室入局
1982年 1月 兵庫県立塚口病院就職
1986年 3月 同上退職
1990年 5月 京都大学医学部第二外科 医員
1993年 2月 京都大学医学部第二外科 助手
1994年 12月 京都大学医学部第二外科復職 助手
1996年 4月 京都大学医学部移植免疫医学 助手
1997年 10月~11月 ベルギー出張(文部省在外研究員)
1999年 4月 京都大学医学部附属病院臓器移植医療部 助教授
2001年 12月 三重大学医学部外科学第一講座 教授
2006年 4月 京都大学医学研究科外科学講座 (肝胆膵・移植外科分野)教授

【上本伸二教授 賞罰】

平成14年度 三重医学研究振興会医学研究助成
平成14年度 一般研究助成(がん集学的治療研究財団)
(肝細胞癌集学的治療における生体肝移植の適応)
平成10年度 肝炎に関する研究奨励金(ウイルス肝炎研究財団)
(生体肝移植のB型肝炎発症予防に関する研究)

 

【上本伸二教授 所属学会】

  • 日本外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本移植学会、日本小児外科学会、日本外科感染症学会、日本肝臓学会、日本消化器病学会、日本小児外科学会評議員(平成5年度-平成18年度)
  • 日本移植学会評議員(平成15年度-平成18年度)
  • 日本肝胆膵外科学会評議員(平成15年度-平成18年度)
  • NPOマイクロウエーブサージャリー評議員(平成15-平成18年度)

 

【上本伸二教授 査読雑誌】

  • Journal of Hepatology
  • Pediatric Transplantation
  • Internal Medicine
  • Nutrition
  • Liver Transplantation
  • Journal of American College of Surgeons

 

上本伸二教授 主要論文

  • 20.Yagi S, Iida T, Hori T, Taniguchi K, Yamamoto C, Yamagiwa K, Uemoto S Optimal portal venous circulation for liver graft function after living-donor liver transplantation.Transplantation 81: 373-378, 2006.
  • 19.Yagi S, Iida T, Taniguchi K, Hori T, Hamada T, Fujii K, Mizuno S, Uemoto S. Impact of portal venous pressure on regeneration and graft damage after living-donor liver transplantation.Liver Transplant 11: 68-75, 2005.
  • 18.Yokoi H, Isaji S, Yamagiwa S, Tabata M, Sakurai H, Usui M, Mizuno S, Uemoto S. Donor outcome and liver regeneration after right-lobe graft donation.Transplant Int 18: 915-922, 2005.
  • 17.Eshita Y, Uemoto S, Tabata Y, Sakamoto Y, Egawa H, Hashida T, Inui K, Tanaka K. Drug delivery system using microspheres that contain tacrolimus in porcine small bowel transplantation.Transplant Int 17: 841-847, 2005.
  • 16.Takatsuki M, Uemoto S, Inomata Y, Egawa H, Kiuchi T, Fujita S, Hayashi M, Ueda M, Tanaka K. Weaning of immunosuppression in living donor liver transplant recipients.Transplantation 72; 449-454, 2001
  • 15.Takatsuki M, Uemoto S, Inomata Y, Sakamoto S, FujitaS, Hayashi M, Ueda M, Kanematsu T, Tanaka K. Analysis of alloreactivity and intragraft cytokine profiles in living donor liver transplant recipients with graft acceptance.Transplant Immu 8; 279-286, 2001
  • 14.Uemoto S, Inomata Y, Sakurai T, Egawa H, Fujita S, Kiuchi T, Hayashi M, Yasutomi M, Yamabe H, Tanaka K. Living donor liver transplantation for fulminant hepatic failure.Transplantation 70; 152-157, 2000
  • 13.Uemoto S, Fujimoto Y, Inomata Y, Egawa H, Asonuma K, Pollard S, Tanaka K. Living-related small bowel transplantation: the first case in Japan.Pediatr Transplant 2: 40-44, 1998
  • 12.Uemoto S, Sugiyama K, Marusawa H, Inomata Y, Asonuma K, Egawa H, Kiuchi T, Miyake Y, Tanaka K, Chiba T. Transmission of hepatitis B virus from hepatitis B core antibody-positive donors in living related liver transplants.Transplantation 65: 494-9, 1998.
  • 11.Uemoto S, Yabe S, Inomata Y, Nishizawa H, Asonuma K, Egawa H, Kiuchi T, Okajima H, Yamaoka Y, Yamabe H, Inui A, Fujisawa T, Tanaka K. Coexistance of a graft with the preserved native liver in auxiliary partial orthotopic liver transplantation from a living donor for ornithine transcarbamylase deficiency.Transplantation 63: 1026-1028, 1997
  • 10.Uemoto S, Inomata Y, Egawa H, Satomura K, Kiuchi T, Okajima H, Asonuma K, Sano K, Uyama S, Tanaka K. Effects of hypoxemia on early postoperative course of liver transplantation in pediatric patients with intrapulmonary shunting.Transplantation 63: 407-414, 1997
  • 9.上本伸二、猪股裕紀洋、阿曽沼克弘、江川裕人、木内哲也、田中紘一。 生体肝移植とEBウイルス関連腫瘍。日本小児がん学会雑誌 34; 223-27, 1997
  • 8.Uemoto S, Inomata Y, Tanaka K, Ozaki N, Egawa H, Okajima H, Nishizawa H, Yabe S, Yamaoka Y. Living related liver transplantation in children with hypoxemia related to intrapulmonary shunting.Transplant Int 9: 157-159, 1996
  • 7.Uemoto S, Martin AJ, Fleming W, Habib NA. The use of transjugular intrahepatic portosystemic shunt and surgical portocaval H-shunt for the treatment of colorectal variceal bleeding.Hepatogastroenterology 42: 557-556, 1995
  • 6.Uemoto S, Fleming W, Keogh BE, Habib NA. Combined pulmonary tumour embolectomy and extended right hepatectomy with inferior vena cava resection for advanced hepatocellular carcinoma. Br J Surg 82: 127-128, 1995
  • 5.Uemoto S, Tanaka K, Fujita S, Sano K, Shirahase I, Kato H, Yamaoka Y, Inomata Y, Ozawa K.Infectious complications in living related liver transplantation.J Pediatr Surg 29: 514-517, 1994
  • 4.上本伸二、田中紘一、山岡義生、藤田士朗、小澤和恵。 生体部分肝移植における免疫抑制療法。移植 28; 580-86, 1993
  • 3.Uemoto S, Tanaka K, Honda K, Tokunaga Y, Sano K, Katoh H, Yamamoto E, Takada Y, Ozawa K. Experience with FK506 in living-related liver transplantation.Transplantation 55: 288-292, 1993
  • 2.Uemoto S, Tanaka K, Inomata Y, Asonuma K, Katayama T, Utsunomiya H, Tanaka M, Ozawa K, Akiyama Y. Congenital dumbbell neuroblastoma.Pediatr Surg Int 5: 292-294, 1990
  • 1.Uemoto S, Tanaka K, Asonuma K, Okamura R, Kitakado Y, Matsuoka S, Ozaki N, Ozawa K, Hashida T, Inui K, Hori R. Effect of cyclosporine on oxidative phosphorylation and adenylate energy charge of regenerating rat liver. Res Exp Med 189: 313-320, 1989