SOX9と肝細胞癌の癌幹細胞に関する河合隆之先生の研究論文が、Scientific Reports誌に掲載されました。

再生・幹細胞研究グループでは、幹細胞生物学的手法を癌研究に応用し、肝胆膵領域の癌幹細胞の特性解析を進めてきました。本論文では、正常肝発生の重要な転写因子であるSOX9に着目し、肝細胞癌においてSOX9陽性癌幹細胞がWnt/β-catenin pathwayの制御を介して種々の悪性形質に関与していること、osteopontinがSOX9陽性癌幹細胞の新規追跡マーカーとなり得ることを報告しています。
この場をお借りし、論文作成にお力添えをいただきました先生方に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。スクリーンショット 2016-07-29 6.19.54