肝胆道外科

  • 胆道外科

    「胆道」とは胆汁の通り道であり、肝臓で作られた胆汁を十二指腸まで運ぶ「道」です。胆道は肝臓の中から始まり、いくつもの枝が合流して最終的に一本の「胆管」になって肝臓を出ます。肝臓を出た胆管は膵臓の中を通って、最後は十二指腸乳頭部というところに開口して終わります(... 続きを見る
  • 肝臓外科

    「肝臓外科」が担当する主な病気肝臓外科が担当する主な病気は肝臓に出来る悪性腫瘍(がん)です。これには、肝臓自体からがんが発生する原発性肝がんと、他の臓器に発生したがんが肝臓に転移してできる転移性肝がんとがあります。I. 原発性肝がん(肝臓から発生するがん)はほ... 続きを見る