秦  浩一郎:准教授

「困難でも、希望のある道を行く」をモットーに、肝不全に対する肝移植医療と、難治性肝胆膵癌に対する外科治療に従事しています。 「今 目の前の命を救うための臨床と、未来の命を救うための研究・教育の両立」を目標に、日々精進して参ります。

略歴

1995 大阪医科大学医学部卒業、京都大学医学部附属病院 外科研修医
1996 市立舞鶴市民病院 外科
1998 高山赤十字病院 外科
2000 京都大学大学院医学研究科 博士課程
2004 同上修了(医学博士)
2004 長浜赤十字病院 外科
2005 ドイツ、ボン大学 先端医療施設 Research Fellow
2008 京都大学 肝胆膵・移植外科 助教
2012 朝日大学歯学部 外科講師/ 京都大学大学院医学研究科 非常勤講師 兼務
2013 京都大学 肝胆膵・移植外科 助教
2018 同 病院講師
2019 同 准教授(肝胆膵・移植外科、臓器移植医療部 兼務)

所属・資格

【資格】
日本外科学会 認定医、専門医、指導医
日本消化器外科学会 専門医、指導医、消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医
日本移植学会 認定医
日本肝臓学会 専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
Certificate of da Vinci Console Surgeon (ダヴィンチ認定術者)
麻酔科標榜医
難病指定医
自立支援医療(育成医療/更生医療)指定医

【所属学会・委員会(役職)など】
日本肝移植学会 幹事、学術教育委員会委員、国際委員会委員
日本移植学会 代議員、トランスレーショナルリサーチ委員会委員
日本肝胆膵外科学会 評議員
日本臓器保存生物医学会 評議員、臓器保存機能再生委員会委員、臓器-ホストレスポンス研究プロジェクト委員会委員
日本血液型不適合移植研究会 幹事 (2011~2015)
近畿外科学会 評議員
Japanese-German Society for Study of Liver Surgery: JGSSLS, Board Member
(日独肝臓外科研究会 幹事、第9回大会長 [2022予定])

【受賞歴】
第28回日本肝移植研究会 最優秀演題賞
Liver Transplantation誌 2018-2019年間最多読論文賞(Top Downloaded Paper)