教授挨拶

教授挨拶

2021.4.1付で京都大学肝胆膵・移植外科の教授を拝命いたしました。皆様よろしくお願いいたします。

京都大学の外科の大先輩には、肝胆膵外科に多くの業績を残された本庄一夫先生がおられます。弱冠35歳の1949年に世界初の系統的肝右葉切除術を22歳の転移性肝癌の患者さんに施行されました。その後の京都大学の外科には、「限界を打破する」というスピリットがあるように思います。私は小澤先生、山岡先生、田中先生、上本先生に師事してきましたが、私が学んだのは、

「できるものを簡単にあきらめていないか?」

「勝手に限界を作っていないか?」

と自問自答しながら限界に挑戦するという姿勢です。

今回、京都大学肝胆膵・移植外科の教授を拝命し、「患者さんの希望を支える知識と技術とハート」を理念として、

iPSの山中教授のモットーの「Vision」「Hard Work」に加えてこの時代だからこそ「Communication」をキーワードに

新たな「京都大学肝胆膵・移植外科」を引っ張っていきたいと思っています。

よろしくご指導のほどお願い申し上げます。

(なお、9月末まで兵庫医科大学肝胆膵外科主任教授を兼任します)

On April 1st 2021, I was appointed as a full professor of Division of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery and Transplantation, Department of Surgery, Graduate School of Medicine, Kyoto University. In Department of Surgery, Kyoto University, Prof. Honjo, Prof. Ozawa, Prof. Yamaoka, Prof. Tanaka, and Prof. Uemoto have been trying to overcome many difficulties. We will continue to work hard with clear vision and to engage in communication with people.

I would like to contribute sincerely to the future of the Department of Surgery, Kyoto University.